検索
  • 西涼月

シャクトゥイ

今日は正月3日。

今では沖縄でも新暦(太陽暦)で正月を祝いますが、地方によっては旧暦(グレゴリオ暦を採用する以前の太陰太陽暦)で種々の行事を行っている。

ここ南城市知念の久高島では旧暦の元日にシャクトゥイという行事が行われます。これまでの一年間の感謝と新年の安泰を祈願する行事です。この日は島外から多くの出身者や家族が島に戻り、拝所である『外間殿』に集います。ゆったりとした地謡の演奏する中、男性が年齢順に2人一組で殿に上がり、神職から杯を受けます。殿から出ると、それまで荘厳だった地謡の演奏が一転し、親族や関係者も加わりカチャーシーを踊ります。1年の祈願を終えた喜びを踊ることで表現するのです。

ちなみに今年の旧正は2月5日です。


家族や島の人々が見守る中行われるシャクトゥイ

神職の準備が整い

男性は盃を受けます。そして降壇すると


神様への感謝の気持ちをカチャーシーを踊って表現


家族も一緒に感謝の踊り

観光客も大勢来ます

55回の閲覧
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Pinterest Icon
  • White Instagram Icon

Copyright Nishioo. All Rights Reserved.